東北電力(とうほくでん)の料金プランを詳しく解説

節約

「とうほくでん」とか「電力さん」の愛称で呼ばれている東北電力の料金プランを詳しく解説していきます。

東北エリアに住んでいる方で電力会社を見直ししていない方は東北電力を使っている事になると思います。

山 形
山 形

電力会社を切り替えしていない方の多くは料金比較した事も無い方が多いと思います。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

電力会社の切り替えはお金がかかるものではないので、見直しするだけで節約になる場合が多いのにね。

スポンサーリンク

東北電力の料金プラン

1か月の電気使用量によって「どのプランを選ぶと1番お得なのか?」は変わってきます。

自分が使っている量だといくらぐらいになるのかをイメージしてみて下さい。

従量電灯B

まず東北電力エリアで電力会社の見直しをしていない方はこの「従量電灯B」のプランを契約しているケースが多いと思います。

従量電灯Bは契約アンペア数10A~60Aで、24時間同一料金となっています。

従量電灯B
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金10A1契約330円00銭
15A1契約495円00銭
20A1契約660円00銭
30A1契約990円00銭
40A1契約1,320円00銭
50A1契約1,650円00銭
60A1契約1,980円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh18円58銭
120kWh~300kWhまで1kWh25円33銭
301kWh~1kWh29円28銭



よりそう+eねっとバリュー

「よりそう+eねっとバリュー」は契約アンペア数10A~60Aで電力量料金は「従量電灯B」と同額ですが、基本料金が一律55円(税込)/月割安となっています。

山 形
山 形

これが見直すだけで電気代が確実に安くなる理由です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

更に「よりそうeポイント」が貯まります。

よりそう+eねっとバリュー
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金10A1契約275円00銭
15A1契約440円00銭
20A1契約605円00銭
30A1契約935円00銭
40A1契約1,265円00銭
50A1契約1,595円00銭
60A1契約1,925円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh18円58銭
120kWhをこえ280kWhまで1kWh25円33銭
280kWhをこえる分1kWh29円28銭

よりそう+ファミリーバリュー

「よりそう+ファミリーバリュー」は電気を沢山使用する一般家庭向けのプランで400kWh/月までの電力量料金が定額で400kWh/月を超える分は一律の料金設定になっています。

1か月の電気使用量が400kWhを超える場合は従来の従量電灯契約よりもお得になります。

よりそう+ファミリーバリュー
種別・区分単位料金単価
B基本料金3kVAまで1契約990円00銭
上記をこえる1kVA330円00銭
電力量料金400kWhまで(定額)1kWh22円76銭
400kWhをこえる分1kWh27円71銭

よりそう+シーズン&タイム

「よりそう+シーズン&タイム」はシーズンと時間によって料金が変わるプランです。

「冬季」とは、毎年12月1日から翌年2月28日までの期間をいいます。
「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
「その他季」とは、毎年3月1日から6月30日までの期間、および10月1日から11月30日までの期間をいいます。

「冬季ピーク」とは、毎日午後4時から午後6時までの時間をいいます。
「夏季ピーク」および「その他季ピーク」とは、毎日午前10時から午後5時までの時間をいいます。
「オフピーク」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。ただし、それぞれのピーク時間を除きます。
「夜間」とは、ピークおよびオフピーク以外の時間をいいます。

よりそう+シーズン&タイム
区分単位料金単価(税込)
基本料金主開閉器契約10kVAまで1契約1,980円00銭
上記をこえる1kVA440円00銭
実量契約10kWまで1契約2,711円50銭
上記をこえる1kW605円00銭
電力量料金昼間冬季ピーク1kWh43円14銭
夏季ピーク1kWh43円14銭
その他季ピーク1kWh39円22銭
オフピーク1kWh26円73銭
夜間1kWh11円43銭

よりそう+ナイト12

「よりそう+ナイト12」はオール電化住宅に住んでいる方向けのプランで、夜間時間の電力量料金が安く設定されているのが特徴です。

「昼間」とは、毎日午前9時から午後9時までの時間をいいます。
「夜間」とは、昼間以外の時間をいいます。
よりそう+ナイト12
区分単位料金単価(税込)
基本料金主開閉器契約6kVA以下の場合1契約1,430円00銭
6kVAをこえる場合
最初の10kVAまで
1契約1,980円00銭
上記をこえる1kVA330円00銭
実量契約6kW以下の場合1契約1,958円00銭
6kWをこえる場合
最初の10kWまで
1契約2,711円50銭
上記をこえる1kW451円00銭
電力量料金昼間最初の70kWhまで1kWh26円43銭
70kWhをこえ170kWhまで1kWh36円06銭
170kWhをこえる1kWh41円68銭
夜間1kWh11円92銭

まとめ:まだ見直ししていない方は

山 形
山 形

東北電力のプランを見直すだけでも電気代を安くする事は出来ますが、電力会社を変える事でもっと安くする事も可能です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

色々な電力会社を比較してみましょう。

【固定費削減】電力会社の選び方と失敗しない為の注意点とは?
個別相談の中で「電力会社を選ぶ際に選び方が分かりません」「選ぶ際に何か注意点はありますか?」と言う内容が最近増えてきたように思います。この記事では「自分に合った電力会社の選び方」と「失敗しない為にチェックするべき注意点」をお伝えしていきます。
節約
スポンサーリンク
40代・50代の為の知って得するお金の話

コメント