楽天ペイの使い方からお得な活用法まで完全ガイド

キャッシュレス

この記事では「楽天ペイ」の基本的な使い方からお得な活用法まで詳しくお伝えしていきます。

山 形
山 形

「スマホ決済とかよく分かんなくて使ってないんだよね~」と言う方もこの記事を読んでいただければ「これならできそう」とか「これはやらないと損だね」と言っていただけると思います。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

損してるはちょっと言い過ぎじゃないの~。

いえいえ、未だに現金で支払いをしているあなたは損しているんです。

損しない為に、まずは楽天ペイの「基本的な使い方」を知っていただき「使う際の注意点」や「お得な活用法」もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

楽天ペイとは?

楽天ペイはスマホのQRコード決済の一つで、買い物をした時の決済や個人間での送金など色々な機能があります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

決済方法も色々な選択肢があるので便利な分、分かりにくいと言うイメージを持っている方もいると思います。

実際にどの様な使い方ができるのか、どんな選択肢があるのかを整理していきましょう。

楽天ペイの使い方

楽天ペイで支払いをする場合は3つの支払い方法から選ぶ事ができます。

楽天ペイの支払い方法

・コード払い

・QR払い

・セルフ払い

コード払い

楽天ペイの支払いで一番メインになるのがコード払いです。

コード払いは楽天ペイアプリにバーコードを表示し、それをお店に読み取ってもらう事で決済する方法です。

コード

基本的には登録しているクレジットカードで決済しますが、紐づいている楽天IDの楽天ポイントや楽天キャッシュを使って決済する事もできます。

クレジットカードを登録するなら楽天カードがオススメです。

山 形
山 形

使うポイントは「一部使う」や「すべて使う」など指定できるので思った通りにパッと簡単に設定できます。

QR払い

QR払いは先程のコード払いとは逆にお店にあるQRコードを楽天ペイアプリのカメラで読み込んで決済する方法です。

QR

QRコードを読み込むと金額が自動で入る場合もありますが手入力して設定する場合もあります。

コード払いと同じ様に楽天ポイントや楽天キャッシュを利用する事もできます。

セルフ払い

3つ目のセルフ払いはあまり使われていない支払方法ですが、近くにある店の中から支払いしたい店を選んで金額を入力し決済します。

セルフ

セルフ払いでも楽天ポイントや楽天キャッシュを利用する事ができます。

楽天キャッシュとは?

先程サラッとでてきた「楽天キャッシュ」ですが解説しておきます。

楽天キャッシュとは楽天ペイの中で使える電子マネーの事で、事前に楽天キャッシュをチャージしておく事でクレジットカードや楽天ポイントが無くても楽天ペイでの決済ができる様になります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

チャージした分だけ使う様にすれば使いすぎてしまう事もないので安心ですね。

更に楽天キャッシュには個人間送金の機能もあり、飲み会での割り勘なども簡単にできます。

楽天キャッシュのチャージ方法は3つあります。

楽天カードからチャージ

クレジットカードから楽天キャッシュにチャージする事が出来ます。

ただ楽天キャッシュにチャージできるクレジットカードは楽天カードのみなので注意しましょう。

楽天銀行からチャージ

銀行からのチャージも可能ですがどの銀行でもチャージできるわけではなく、こちらも楽天銀行のみになっています。

まだ楽天銀行の口座を作っていない方はコチラから作っておきましょう。

ラクマの売上金からチャージ

楽天のフリマアプリ「ラクマ」の売上金をチャージする事もできます。

以前は売上金をラクマ内での買い物か振込手数料を支払って銀行振込してもらうしか選択肢がありませんでした。

山 形
山 形

ただ楽天キャッシュにチャージできる様になった事で楽天ペイに対応しているお店で使える事になりかなり汎用性が高くなりました。

楽天ペイアプリを使ってみる

まずはスマホに楽天ペイアプリをインストールするところからです。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリのインストールが出来たら楽天IDと紐づけて、SMS認証をしましょう。

クレジットカードの設定をする際は「本人認証サービス(3Dセキュア)」の設定をしているクレジットカードを登録する様にしましょう。

楽天ペイの使えるお店

楽天ペイを使う事ができるお店はどんどん増えている状況です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

今はコンビニや飲食店、家電量販店から本屋さんまで幅広いお店で使える様になっています。

楽天ペイを使えるお店はコチラから最新情報をチェックしましょう。

楽天ペイのお得な活用法

知っていると得する楽天ペイの活用法をいくつかお伝えしていきます。

期間限定ポイントが使える

コレが地味に便利なんですが楽天ペイでは期間限定楽天ポイントが使えます。

楽天ポイントに限らず他のポイントでも期間限定ポイントって結構貯まるんですが、指定のサイト以外では使えなかったり結構制限があって使いにくいんですよね。

山 形
山 形

ところが楽天ポイントは楽天ペイで期間限定ポイントが使えるので、有効期限が間近でもサッと使えてポイントを無駄にしてしまう事がないんです。

ポイントの三重取り

設定しているクレジットカードのポイント、楽天ペイでの決済(通常は200円につき1ポイント)、楽天ポイントカード(お店によって0.5~1%のポイント)で合計2%以上のポイント三重取りも可能です。

更に今はキャッシュレス・消費者還元事業に合わせて「楽天ペイが使えるお店は全て5.0%還元になるキャンペーン」を実施していて合計6.5%以上も狙えます。

楽天ペイの注意点

ここまで楽天ペイの良い所を見てきましたが注意すべき点もあります。

知らずに使っていると困る事も出てきますので事前にチェックしておきましょう。

通信環境が無いと使えない

楽天ペイは通信環境が無いと使えませんし通信料も発生します。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

お店が地下にある時や郊外などで通信できない可能性がある時は念の為に現金も持っていくようにしましょう。

ただ通信環境が無いと使えないのは楽天ペイに限った事ではないので、スマホ決済全体の注意点と言えますね。

登録できないクレジットカードがある

楽天ペイに登録できるクレジットカードには制限があります。

楽天カードは「VISA」「MASTER」「JCB」「AMEX」すべて登録可能ですが、それ以外のカードは「VISA」「MASTER」のみになっています。

楽天カード楽天カード以外のクレカ
VISA/MASTER
JCB/AMEX登録不可
Diners Club/Discover登録不可

セルフ払いは間違うと面倒

セルフ払いで支払うお店を間違えてしまうとアプリの「ご利用履歴」から、その間違えた利用履歴詳細を表示して伝票番号をチェックし、楽天ペイのカスタマーデスクまで連絡しないといけません。

山 形
山 形

支払う際の手間もかかるし間違えた時も大変なので、セルフ払いはあまりオススメしません。

まとめ:これからのキャンペーンも期待

楽天ペイは今あるQRコード決済の中でも「手軽さ」「使える店舗数」「使いやすいポイント」と言う面で頭一つ抜けている決済方法だと思います。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

お得なキャンペーンも沢山やっているのでこれからのキャンペーンにもスゴイのをやってくれるんじゃないかと期待しています。

山 形
山 形

まだアプリを入れていない方は試しに使ってみて下さい。

コメント