【5分で分かる】キャッシュレス決済を整理して比較して選んでみた

キャッシュレス

2019年10月1日から消費税が10%になり、それに伴って「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートしました。

山 形
山 形

2020年6月まで実施されるので結構長い期間行われますし、「「○○ペイ」だらけでよく分らん!」ってなってませんか?

ゆっちゃん
ゆっちゃん

結局のところ何ペイが一番お得なのかな?

そんな方の為に主なキャッシュレス決済を整理して特徴を比較してみました。

整理して比較する事で「自分に合ったキャッシュレスサービスをどの様に選べばいいのか?」と言う選び方もバッチリ分かります。

あなたもこの記事を読めば5分でスッキリと整理できますよ。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済の全体像

まずは沢山あるキャッシュレスサービスを系統ごとにまとめてみました。

主なキャッシュレス

大きく分けて「カード」「電子マネー」「QRコード決済」に分かれています。

山 形
山 形

更にその中でも色々な種類のキャッシュレスサービスがあるので「もう訳が分からなくなる」となってしまう気持ちも分かります。

それぞれ特徴がありますしキャッシュレス決済を使う事でゲットできるポイントも違います。

それではそれぞれの内容を見ていきましょう。

カード

まずは「カード」分類から見ていきましょう。

ここでは3種類のカードをご紹介していきます。

クレジットカード

オーソドックスなクレジットカードによる決済で、昔からある後払いキャッシュレスの代表格ですね。

「VISA」「JCB」「UC」「セゾン」など国内外の様々なブランドがありポイントやマイルなどを貯める事ができ、その還元率も様々です。

「ゴールド」「プラチナ」などのステータスが高いほど年会費が高くなり、それに伴って保険やラウンジ、コンシェルジュなどの付帯サービスも充実していきます。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

カードによっては年会費だけで何万円もするカードもあるらしいですね。

デビットカード

デビットカードは各銀行が提供しているサービスでクレジットカードの様にお店で決済すると、リアルタイムに口座から引落しされる仕組みです。

ですのでその時に口座にお金が入っていないと決済する事が出来ませんのでクレジットカードの様な「気が付いたらカードを使いすぎちゃった」となる心配がありません

山 形
山 形

楽天銀行のデビットカードは使うとクレジットカードの様に楽天ポイントが貯まるので人気のようです。

プリペイドカード

プリペイドカードとクレジットカードの一番の違いは事前にチャージが必要な点です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

前払いでチャージする事でデビットカードと同じ様に使いすぎの予防が出来たり、落とした時の損失も限定的にできます。

クレジットカードを作る時のような審査が無く作りやすいと言うメリットもありつつ、VISAやMASTERなどの加盟店でクレジットカードと同じ様に使う事ができます。

電子マネー

続いて「電子マネー」の分類です。

これはソニーの非接触ICカード技術方式である「FeliCa(フェリカ)」を使った仕組みで、電子マネーだけでなく飛行機のチケットやマンションの電子キー、企業の社員証などにも活用されています。

スマホが普及した事で「Apple Pay」や「Google Pay」が登場し分かりにくさが増している所もありますが、この二つは電子マネーその物ではなく電子マネーを登録できる受け皿の様な物です。

「Apple Pay」や「Google Pay」などのシステムに電子マネーを登録する事でカードを持ち歩く事なく、普段から持ち歩いているスマホで便利に決済できる様になるって事なんですね。

ここでは大きく分けて2種類の電子マネーをご紹介していきます。

プリペイド型

プリペイド型の電子マネーの中でも鉄道会社などが発行する交通系ICカードと流通系ICカードがあり、事前にチャージして使う事になります。

主な交通系ICカードにはJR東日本が発行する「Suica」やJR西日本が発行する「ICOCA」など10種類の電子マネーがあります。

対して流通系ICカードは楽天が発行する「楽天Edy」やセブン&アイ・ホールディングスが発行する「nanaco」イオンが発行する「WAON」などがあります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

この辺は結構前からあるからみんな知ってますね。

ポストペイ型

対するポストペイ型(後払い)は「QUICPay」と「iD」の2つです。

「Apple Pay」や「Google Pay」に「QUICPay」や「iD」機能の付いたクレジットカードを登録する事で決済できるようになります。

特徴は事前に電子マネーの様にチャージしたり、クレジットカードの様に決済時にサインする手間がなく「サッと決済できる」点ですね。

「Apple Pay」や「Google Pay」自体にはポイントが付いたりはしませんが登録しているクレジットカードのポイントはちゃんと貯まります。

山 形
山 形

慣れてくるとお金を払った感が全くないので使いすぎに注意しないといけないぐらい簡単です。

QRコード決済

最後3つ目の分類が「QRコード決済」です。

この分類が今一番種類が増えていて、色々なキャンペーンが行われているので旬なキャッシュレス決済と言えます。

お店側の導入コストが他のキャッシュレスよりも安く済むと言う事も普及している要因の一つです。

決済方法も様々でそれが便利でもあり、分かりにくい所でもあるんですよね。

QRコード決済

・QRコードやバーコードを表示してスキャンしてもらう

・お店のQRコードをスキャンする

・iDで支払う

そしてスキャンしてもらった後の支払う方法もそのQRコード決済によって違っていてクレジットカード決済、デビットカード決済、口座決済、事前チャージ決済、ポイントでの決済などがあります。

通信キャリア系

通信キャリア系のQRコード決済は「au Pay」「d払い」「PayPay」があります。

特にPayPayを筆頭に次々とキャンペーンを実施していて話題になっているので利用した事がある方も多いと思います。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

それぞれ「au Pay⇒au WALLET」「d払い⇒dポイント」「PayPay⇒PayPay残高」が貯まるのもポイントです。

IT系

IT系のQRコード決済は「楽天Pay」「Origami Pay」「LINE Pay」「メルペイ」「amazon pay」等があります。

こちらも通信キャリア系に負けず色々なキャンペーンを実施していたり、クーポンを発行していたりするので見逃さない様にしないといけません。

それぞれポイントが付いたり割引になったりと言うメリットがあるので、ただクレジットカードで決済するよりもお得なんですね。

キャッシュレスのリスクとは?

キャッシュレスのリスクと言えば「7pay」の不正アクセス事件は記憶に新しい所で、他のキャッシュレスサービスのセキュリティは大丈夫なのか心配している人もいるのではないでしょうか?

7payが不正アクセスされた理由は「パスワードリセット」の方法が問題で「メールアドレス・生年月日・電話を知っている第三者が自分のメールにリセットの仕方を送って勝手にパスワードを書き換える事ができる状態」だったんです。

山 形
山 形

パスワードさえ書き換える事ができれば後は勝手にジャンジャン登録しているクレジットカードからチャージしてドンドン決済されちゃうと言う状況だったんですね。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

最終的に5500万円が不正に使われちゃったらしいです。

他のキャッシュレスサービスのセキュリティとは?

他のキャッシュレスサービスはその点、最初に登録したメールアドレスにしかパスワードリセットを行うURLを送信できない様になっていたり、電話番号にSMSメールを送る様な「二段階認証」の仕組みを使っています。

結局は7payのシステムが異常にお粗末だっただけで、その他のキャッシュレスサービスはちゃんと不正されないセキュリティの仕組みになっているんですね。

山 形
山 形

ただ正直な所「イタチごっこ」的な部分もあって、どれだけ高いセキュリティシステムを作ってもそれを破ろうとする人はいるので油断はできません。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

安心して使える様にどんどんセキュリティレベルを上げていってほしいですね。

キャッシュレスの選び方

沢山のキャッシュレス決済をご紹介してきましたが多すぎて結局どう選べばいいのか分からないとなってしまいがちです。

そこで大きく分けて2つの選び方をお伝えしていきます。

殆どの方はこの2つの選び方のどちらかで今後使っていくキャッシュレス決済を選べると思います。

選び方その1:自分の生活圏から考える

まず1つ目の選び方は自分の生活圏から使うキャッシュレス決済を考える方法です。

将来的には使えるお店は全て共通化されて「どこの店でも全てのキャッシュレスで決済ができる」と言う様になると思いますが、今はまだ使えるお店が違ったりします。

ですので普段自分が使っているお店で使える決済方法を選ぶと言うのが一番自然かなと思います。

山 形
山 形

あとは普段から自分が貯めているポイントと相性の良い決済方法を選ぶのも良いと思います。

選び方その2:キャンペーンから考える

2つ目の選び方は実施されているキャンペーンから考える方法です。

一番分かりやすい例は「PayPay」だと思いますが「スゴイお得なキャンペーンをやっているらしい」と言う所からアプリをインストールして、持っているとチャージができて便利という事で「Yahoo!JAPANカード」も作っちゃうと言うパターンです。

この場合キャンペーンが終わった後も継続してそのサービスを使うのかはケースバイケースだと思いますが「スポットでもやるべき!」と思わせてくれる様なお得なキャンペーンが沢山あります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

中には買った金額の20%ポイントバックなんてのもあるからスゴイですよね。

まとめ:キャッシュレスでお得に便利

ちょっと決済の仕方を変えるだけでお得に便利になると思います。

決済方法を無理に一つに絞る必要はありませんし、シーンに合わせて使い分ける事ができれば色々対応できてポイントを取りこぼす事もないと思います。

山 形
山 形

私も状況に合わせて複数のキャッシュレスサービスをちゃんと使い分けてます。

あなたは「何ペイ」にしますか?

コメント