【40代・50代の保険見直し】ポイントは必要保障額にアリ

保険

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの山形です。

40代・50代の為の保険見直し術を保険の種類別に全4回にわたってお届けする企画です。

保険見直し術~保険種類~

1.医療保険、がん保険
2.定期保険←この記事
3.終身保険
4.外貨建て保険

40代・50代の為の保険見直しシリーズ第2弾は定期保険についてです。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

定期保険と言うと万が一の時の保障ってヤツですね。

山 形
山 形

その通り。定期保険を見直す際のポイントは必要保障額をちゃんと判断できるかどうかがポイントです。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

その人によって「家族構成」も「入ってくる収入」も「出ていく支出」も違うからどう考えればいいのか・・・。

分かりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

必要保障額の基本的な考え方

必要保障額とは一家の世帯主が亡くなった後、残された遺族に必要となるお金(遺族の支出)から、残された遺族が得られるお金(遺族の収入)を差し引いた金額(=不足する金額)です。

この不足分を保険でカバーすると言うのが基本的な考え方です。

必要保障額
そして必要保障額は時期によっても変化するので、色々なライフイベントも含めて考える必要があります。
必要保障額推移

結婚

結婚する事で万が一の場合に保障を残す相手ができ、独身の時よりも死亡保障の必要性が高くなります。

出産

子供が生まれる事で配偶者への保障に加えて子供への保障も増えます。一般的には末子が生まれた時が一番必要保障額が多くなるタイミングになります。

住宅購入

住宅を購入する際に多くの方は「団体信用生命保険」に加入します。その場合、世帯主が亡くなると住宅ローンが完済される為、その後の住宅費がかからなくなり必要保障額は下がる事になります。

子供の独立

40代・50代の方はそろそろ子供が独立する年齢になってきます。

子供が独立する事によりその後の子どもの生活費がかからなくなる為、必要保障額は下がる事になります。

では次に遺族の支出と言われるものにはどの様なものがあるのか、逆に遺族の収入にはどの様なものがあるのかを具体的に見ていきましょう。

遺族の支出とは?

まず初めに世帯主が亡くなってしまった場合にどの様な費用が必要になってくるのか支出を見ていきましょう。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

亡くなった直後にかかるものや負担がずっと続くものなど色々なものがありますね。

山 形
山 形

ここが見えてくると必要保障額も大体わかってくると思います。

住居費

まずはその方によって大きく変わってくる部分ですが住居費についてです。

大きく分けると2パターンあり、住宅ローンを組んでいて「団体信用生命保険」に加入しているか既に完済しているパターンと住宅ローンを組んでいて「団体信用生命保険」に未加入か賃貸住まいのパターンに分かれます。

前者は世帯主が亡くなるとローンも完済されその後の住居費がかからなくなります。

しかし後者は世帯主が亡くなったとしても、今までと同じ様に住居費を負担し続けなければいけません。

この差は大きくその後の必要保障額を考える際にも重要になってきます。

遺族の生活費

次にご遺族の生活費です。

残された子供や妻がその後生活していく為の生活費になりますが、これは今までいくらかかっていたのかをベースに考える事になります。

例えば1か月あたり30万円で生活していたケースであれば、団体信用生命保険に加入していた場合は住宅ローンで支払っていた金額を差し引きます。

仮に7万円のローンであれば残りが23万円になります。

更にご主人が亡くなる事によってご主人の食費などかからなくなる費用もある為、目安としては大体3割減して考えると必要な生活費が割り出せます。

最終的な計算式
今までの生活費30万円-住宅ローン7万円-ご主人の生活費6.9万円=16.1万円

山 形
山 形

約16万円が今までと同水準の生活をする為のご遺族の生活費と考えられますね。

教育費

更に支出の中で考えなくてはいけないのが子供の教育費です。

まだ子供が小さい場合は教育費がプラスで必要になってきますので、今までと同水準の生活費では足りない事になってしまいます。

どのぐらいの教育費が必要になってくるのか目安を確認しておきましょう。

学校公立私立
 幼稚園(3年間)70万円145万円
 小学校(6年間)194万円917万円
 中学校(3年間)144万円398万円
 高校(3年間)135万円312万円
 大学(自宅)
(4年間)
265万円544万円
 大学(下宿・アパート)
(4年間)
573万円800万円

※幼稚園から高校までは文部科学省 平成28年度「子どもの学習費調査」をもとに算出しています。
※大学は独立行政法人日本学生支援機構 平成28年度「学生生活調査結果」をもとに算出しています。

葬儀・お墓代

支出の部の最後は葬儀やお墓の購入についてです。

ここは亡くなった本人やご遺族などの考え方が分かれるところで、それによって費用もだいぶ幅があるのが実際の所です。

金融広報中央委員会がまとめたアンケート調査では下記のような結果が出ています。

葬儀・お墓の平均費用

・葬儀にかかる費用:約119万円
・お墓にかかる費用:約128万円

※金融広報中央委員会「暮らしと金融なんでもデータ」をもとに算出しています。

葬儀に関しては50万程の家族葬も増えていますし、地域によっては240万円を超える葬儀も実際に行われています。

お墓の購入も50万から200万オーバーまでピンキリで選べるというのが実情です。

特に拘りがなければ平均値で見ておくのが良いと思います。

遺族の収入とは?

大体どのくらいの支出が発生するのかが分かってきたところで、逆に収入として入ってくるお金はどの様な物があるのかを見ていきましょう。

遺族年金

まず初めに考えるべきは公的な年金の一つである遺族年金です。

これは加入している年金制度や家族構成、収入によって金額が変わってきますので自分の場合はいくらぐらいなのか概算を確認しておきましょう。

職業夫が自営業世帯
(国民年金)
夫が会社員世帯(厚生年金)
平均標準報酬
月額20万円
平均標準報酬
月額30万円
平均標準報酬
月額40万円
平均標準報酬
月額50万円
子供あり
(18歳未満)
遺族基礎年金遺族基礎年金+遺族厚生年金
子供1人
の期間
100.3万円132.3万円148.3万円164.4万円180.4万円
子供2人
の期間
122.7万円154.7万円170.7万円186.8万円202.8万円
子供なし
(子供が18歳以上)
妻40歳未満
の期間
0円遺族厚生年金
32万円48万円64.1万円80.1万円
妻40~64歳
の期間
0円遺族厚生年金+中高齢寡婦加算
90.4万円106.4万円122.5万円138.5万円
妻65歳以降
の期間
妻の老齢基礎年金遺族厚生年金+妻の老齢基礎年金
77.9万円109.9万円125.9万円142万円158万円
ゆっちゃん
ゆっちゃん

中高齢寡婦加算って何だろう?

山 形
山 形

これは夫が死亡した時に40歳以上の子供のいない妻に上乗せして支給されるものです。

夫が死亡した後で40歳になった時には子供がいたが、その後末子が18歳に到達した年度の末日をむかえた妻も含みます。

山 形
山 形

あと注意しなくてはいけないのが夫が亡くなった時点で妻が20代の場合は遺族厚生年金を受け取れるのが5年間のみになってしまいます。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

妻が若いとその後、就職や仕事復帰しやすいからって事が理由のようですね。

必要保障額モデルケース

ここまでご遺族の支出と収入について考えてきましたが、続いては40代の一つの世帯を例に具体的な必要保障額の考え方のモデルケースを見ていきましょう。

現状の把握

以前ライフプランをお作りしたAさんのご家族を例に解説していきます。

Aさんのご家族情報

夫 42歳 会社員
妻 42歳 パート
長男 10歳 公立小学校

年収・・・夫450万円 妻・・・100万円

貯金・・・200万円

住居・・・マンション 持家

この様なご家族構成や資産状況は比較的多いと思いますので多くの方に参考にしていただけるかと思います。

Aさん一家の年間収支状況

続いてライフプラン作成前のご家庭の収支状況を見ていきます。

年間の収入
夫の収入450万円
妻の収入100万円
収入の合計550万円
税・社会保険料▲95万円
可処分所得合計455万円
年間の支出
食費50万円
水道・光熱費30万円
通信費15万円
保険料22万円
住宅ローン96万円
管理費・修繕積立28万円
車関連50万円
子供関連60万円
医療費8万円
交際費12万円
衣服費15万円
支出の合計386万円

万が一ご主人がなくなった場合に今の収入と支出のバランスをグラフにすると下記の様になります。

収入と支出
このグラフを見ても少なくてもこれから10年の間に世帯主が亡くなってしまうと収支バランスが崩れてしまう事が分かります。

山 形
山 形

ここをカバーする為の保険が定期保険ですね。

2種類の定期保険とは?

ではこのモデルケースの必要な保障額が分かったところで、その金額がカバーできる保険を選べばいいのですが、実は定期保険には保障タイプによって2種類あるのです。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

定期保険

まずは一般的な定期保険についてです。

箱定期などとも呼ばれますが保険期間中は保障額が一定で、いつ亡くなっても同じ金額が保障される四角い形をした保障になります。

定期保険

収入保障定期

こちらは定期保険の一種ですが収入保障保険と言い、保険金は一括ではなく毎月お給料の様に受け取るタイプになります。

仮に月の保険金額が10万円、保険期間が20年のケースで収入保障保険に加入してすぐに亡くなると

10万円×12か月×20年=2400万円の保障を受取れるという事になります。

収入保障保険
これが加入してから10年後に亡くなった場合ですと受取期間が半分になった為に、受取金額も半分になります。

10万円×12か月×10年=1200万円

つまり時間を追うごとに受け取れる保険金額が下がっていく三角形の形の保障と言えます。

四角い形の定期保険と比べると青い削減部分の分だけ保障が少ない事になりますので、保険料も割安になります。

Aさん一家のケースは?

山 形
山 形

では先程のAさん一家を例にどの様に考えればいいのか見ていきましょう。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

具体的な例がないと分かりにくいよね。

~~収入保障保険の具体例~~

Aさんが亡くなった時に収支バランスが崩れる一番の原因はやはり子供の教育費です。

現在10歳の子供が社会人になるまでの期間はやはり大きな保障が必要になってきます。

今後12年間で必要になる支出とは?

住居費・・・団体信用生命保険で完済
生活費・・・20万円/月→14万円/月(3割減)年間で168万円
教育費・・・900万円(公立小2年、中3年、高3年、大学私立4年)

葬儀、お墓代・・・250万円

合計・・・3166万円

今後12年間で入ってくる収入とは?

遺族年金・・・1475万円
妻の収入・・・1200万円

合計・・・2675万円

この差額が491万円となり約500万円を保険として準備する事になります。

ですので子供が社会人として独立するまでで良ければ保険期間が12年、月の保険金額は多く見積もっても5万円で十分という事になります。(一時金で受け取りも可能でその場合はトータル金額が若干目減りする為)

まとめ:必要保障額を把握すれば過不足を防げる

この記事を読んでいただければ定期保険を見直す際は必要保障額がポイントになるという事はご理解いただけたと思います。

山 形
山 形

多くの方がこの様なステップを踏まずに必要のないぐらいの大きな保障の保険に加入しています。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

適切な保険金額にすれば40代・50代の方も保険料も節約できそうですね。

現在加入している保険の内容を確認してみましょう。

保険見直し術~保険種類~

1.医療保険、がん保険
2.定期保険←この記事
3.終身保険
4.外貨建て保険

保険
スポンサーリンク
40代・50代の為の知って得するお金の話

コメント