関西電力(かんでん)の料金プランを詳しく解説

節約

「かんでん」の愛称で親しまれている関西電力の料金プランを詳しく解説していきます。

近畿地方に住んでいる方で電力会社を見直ししていない方は関西電力を使っている事になると思います。

山 形
山 形

恐らく今払っている電気料金がどんな料金プランでどんな計算になっているのかも把握していない方が多いと思いますので、この機会にチェックしておきましょう。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

現状把握は重要ですよ~。

スポンサーリンク

関西電力の料金プラン

1か月の電気使用量によって「どのプランを選ぶと1番お得なのか?」は変わってきます。

自分が使っている量だといくらぐらいになるのかをイメージしてみて下さい。

従量電灯B

まず関西電力エリアで電力会社の見直しをしていない方はこの「従量電灯B」のプランを契約しているケースが多いと思います。

従量電灯Bは契約容量6kVA以上50kVA未満の契約になります。

従量電灯B
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金1kVA396円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh17円92銭
120kWh~300kWhまで1kWh21円21銭
301kWh~1kWh24円21銭

電気を全く使用しなかった(使用量が0kWh)場合の基本料金は半額になります。



eおとくプラン

「eおとくプラン」はご家族でお住まいの今現在、従量電灯Aで月間使用量200kWhよりも多く電気を使っている方におトクな料金メニューです。

eおとくプラン
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金6kWまで1契約1,210円00銭
6kWをこえる
1kWにつき
1kW396円00銭
電力量料金最初の180kWhまで1kWh15円31銭
180kWh~300kWhまで1kWh24円48銭
301kWh~1kWh28円41銭

eスマート10

「eスマート10」は電気を使用する季節や時間帯によって電力量料金単価が異なるメニューです。

割安な時間帯に電気を使う時間をシフトする事で電気料金を削減することができます。

【夏季】 7月~ 9月
【冬季】10月~ 6月
eスマート10
種別・区分単位料金単価
基本料金6kWまで1契約1,210円00銭
6kWをこえる
1kWにつき
1kW396円00銭
電力量料金デイタイム1kWh38円62銭
リビングタイム(夏季料金)1kWh30円20銭
リビングタイム(その他季料金)1kWh27円45銭
ナイトタイム1kWh15円36銭

*「デイタイム」とは夏季の平日午後1時~午後4時の時間をいいます。
*「リビングタイム」とは毎日午前8時~午後10時の時間をいいます。ただし、夏季における平日は、午前8時~午後1時および午後4時~午後10時の時間をいいます。
*「ナイトタイム」とは毎日午後10時~翌日午前8時の時間をいいます。
*「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」といいます。

はぴeタイムR

「はぴeタイムR」は低圧で電気の供給を受け電灯または小型機器を使用し、デイタイムからリビングタイムまたはナイトタイムへの負荷移行が可能な事。

そして総容量が原則として1kVA以上の夜間蓄熱式機器(エコキュート等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ給湯機等)を使用している方向けの電気料金メニューです。

はぴeタイムR
種別・区分単位料金単価
基本料金10kVAまで1契約2,200円00銭
10kVAをこえる
1kVAにつき
1kVA396円00銭
電力量料金デイタイム(夏季料金)1kWh28円96銭
デイタイム(その他季料金)1kWh26円33銭
リビングタイム1kWh22円89銭
ナイトタイム1kWh15円20銭

*「デイタイム」とは平日午前10時~午後5時の時間をいいます。
*「リビングタイム」とは平日午前7時~午前10時、午後5時~午後11時、休日扱い日の午前7時~午後11時の時間をいいます。
休日扱い日とは土、日、祝日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。

*「ナイトタイム」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。
*「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」といいます。

まとめ:まだ見直ししていない方は

山 形
山 形

北陸電力のプランを見直すだけでも電気代を安くする事は出来ますが、電力会社を変える事でもっと安くする事も可能です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

色々な電力会社を比較してみましょう。

【固定費削減】電力会社の選び方と失敗しない為の注意点とは?
個別相談の中で「電力会社を選ぶ際に選び方が分かりません」「選ぶ際に何か注意点はありますか?」と言う内容が最近増えてきたように思います。この記事では「自分に合った電力会社の選び方」と「失敗しない為にチェックするべき注意点」をお伝えしていきます。
節約
スポンサーリンク
40代・50代の為の知って得するお金の話

コメント