北海道電力(ほくでん)の料金プランを詳しく解説

節約

「ほくでん」の愛称で親しまれている北海道電力の料金プランを詳しく解説していきます。

北海道エリアに住んでいる方で電力会社を見直ししていない方は北海道電力を使っている事になると思います。

山 形
山 形

恐らく今払っている電気料金がどんな料金プランでどんな計算になっているのかも把握していない方が多いと思いますので、この機会にチェックしておきましょう。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

現状把握は重要ですよ~。

北海道電力の料金プラン

1か月の電気使用量によって「どのプランを選ぶと1番お得なのか?」は変わってきます。

自分が使っている量だといくらぐらいになるのかをイメージしてみて下さい。

従量電灯B/C

まず北海道電力エリアで電力会社の見直しをしていない方はこの「従量電灯B」のプランを契約しているケースが多いと思います。

従量電灯Bは契約アンペア数10A~60A、従量電灯Cは契約容量6kVA以上50kVA未満で、どちらも24時間同一料金となっています。

従量電灯B
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金10A1契約341円00銭
15A1契約511円50銭
20A1契約682円00銭
30A1契約1,023円00銭
40A1契約1,364円00銭
50A1契約1,705円00銭
60A1契約2,046円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭
120kWh~280kWhまで1kWh30円27銭
281kWh~1kWh33円99銭

商店や飲食店、事務所など沢山電気を使用する場合は「従量電灯C」を契約しているケースが多いです。

従量電灯C
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金1kVA341円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭
120kWh~280kWhまで1kWh30円27銭
281kWh~1kWh33円99銭

エネとくポイントプラン

「エネとくポイントプラン」は契約アンペア数10A~60Aで電力量料金は「従量電灯B」と同額ですが、基本料金が一律110円(税込)割安となっています。

山 形
山 形

これが見直すだけで電気代が確実に安くなる理由です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

これは見直ししないでいるとドンドン損していく事になるね。

エネとくポイントプラン
種別・区分単位料金単価(税込)
基本料金10A1契約231円00銭
15A1契約401円50銭
20A1契約572円00銭
30A1契約913円00銭
40A1契約1,254円00銭
50A1契約1,595円00銭
60A1契約1,936円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭
120kWhをこえ280kWhまで1kWh30円27銭
280kWhをこえる分1kWh33円99銭
ポイント電気料金200円につき1ポイント

エネとくMプラン

「エネとくMプラン」は250kWh/月までの電力量料金が定額になっていて250kWh/月を超える分は一律の料金設定となっています。

1か月の電気使用量が250kWh~400kWhの場合は従来の従量電灯契約よりもお得になります。

エネとくMプラン
種別・区分単位料金単価
B基本料金10A1契約341円00銭
15A1契約511円50銭
20A1契約682円00銭
30A1契約1,023円00銭
40A1契約1,364円00銭
50A1契約1,705円00銭
60A1契約2,046円00銭
電力量料金250kWhまで(定額)1契約6,335円19銭
250kWhをこえる分1kWh32円33銭
C基本料金1kVA341円00銭
電力量料金250kWhまで(定額)1契約6,050円00銭
250kWhをこえる分1kWh31円26銭

エネとくLプラン

「エネとくLプラン」は飲食店や事務所、電気を沢山使用する一般家庭向けのプランで400kWh/月までの電力量料金が定額で400kWh/月を超える分は一律の料金設定になっています。

1か月の電気使用量が400kWhを超える場合は従来の従量電灯契約よりもお得になります。

エネとくLプラン
種別・区分単位料金単価
B基本料金10A1契約341円00銭
15A1契約511円50銭
20A1契約682円00銭
30A1契約1,023円00銭
40A1契約1,364円00銭
50A1契約1,705円00銭
60A1契約2,046円00銭
電力量料金400kWhまで(定額)1契約11,173円15銭
400kWhをこえる分1kWh32円27銭
C基本料金1kVA341円00銭
電力量料金400kWhまで(定額)1契約10,725円00銭
400kWhをこえる分1kWh31円21銭

Web・eプラス

「Web・eプラス」は契約アンペア数30A以上で基本料金・電力量料金ともに「従量電灯B/C」と同額となっています。

会員制Webサービス「ほくでんエネモール」に登録して口座振替かクレジットカード払いにすると毎月305円56銭が割引されます。

Web・eプラス
種別・区分単位料金単価
B基本料金30A1契約1,023円00銭
40A1契約1,364円00銭
50A1契約1,705円00銭
60A1契約2,046円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭
120kWhをこえ280kWhまで1kWh30円27銭
280kWhをこえる分1kWh33円99銭
料金割引Web割引額1契約305円56銭
最低月額料金1契約250円80銭
C基本料金1kVA341円00銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh23円98銭
120kWhをこえ280kWhまで1kWh30円27銭
280kWhをこえる分1kWh33円99銭
料金割引Web割引額1契約305円56銭
最低月額料金1契約250円80銭

エネとくシーズンプラス

「エネとくシーズンプラス」は契約アンペア数30A以上で200kWh/月までの電力量料金が定額、200kWh/月を超える分は冬季(11月~翌2月末)が34円87銭、冬季以外が29円37銭と一律の料金設定となっています。

エアコンを設置している家庭ならエアコンの台数・容量にかかわらず「エアコン割引」として毎月305円56銭が割引されます。

冬期間以外の電力量料金が割安になっているので冬の暖房はエアコンよりも石油や灯油をメインに使っている家庭にオススメです。

エネとくシーズンプラス
種別・区分単位料金単価
B基本料金30A1契約1,056円00銭
40A1契約1,408円00銭
50A1契約1,760円00銭
60A1契約2,112円00銭
電力量料金(冬期間)200kWhまで(定額)1契約5,401円00銭
200kWhをこえる分1kWh34円87銭
電力量料金(その他期間)200kWhまで(定額)1契約4,635円40銭
200kWhをこえる分1kWh29円37銭
料金割引エアコン割引額1契約305円56銭
C基本料金1kVA352円00銭
電力量料金(冬期間)200kWhまで(定額)1契約5,033円60銭
200kWhをこえる分1kWh34円21銭
電力量料金(その他期間)200kWhまで(定額)1契約4,252円60銭
200kWhをこえる分1kWh28円93銭
料金割引エアコン割引額1契約305円56銭

eタイム3プラス

「eタイム3プラス」はオール電化住宅に住んでいる方向けのプランで、朝晩・午後・夜間時間の3つの時間帯にわけて電力量料金が設定されているのが特徴です。

朝晩:午前8時から午後1時までの時間および毎日午後6時から午後10時まで
午後:午後1時から午後6時まで
夜間:午後10時から翌日の午前8時まで

特に夜間時間(18時~翌8時)の電力量料金が割安となっています。

このプランを契約できるのは「ヒートポンプ式給湯機(エコキュートなど)」「ヒートポンプ式暖房機(温水暖房・エアコンなど)」「家庭用の電気式ロードヒーティング」のいずれかを設置している事が条件です。

「ヒートポンプ式暖房機」や「家庭用の電気式ロードヒーティング」などを使っている場合は冬期間(12~3月分)の電力量料金の10%が割引になります。

エネとくシーズンプラス
種別・区分単位料金単価
基本料金6kVAまで1契約2,215円48銭
7kVA・8kVA1契約2,724円74銭
9kVA・10kVA1契約3,234円00銭
10kVAをこえる1kVAにつき473円00銭
電力量料金午後時間1kWh40円68銭
朝晩時間1kWh30円91銭
夜間時間1kWh14円64銭
料金割引暖房融雪割引額冬期間電力量料金の(燃料費調整前)10パーセント
上限額下表「暖房融雪割引上限額について」をご確認ください。
暖房融雪割引上限額について
割引区分割引上限単価割引機器上限容量
ヒートポンプ式暖房機1,375円00銭5kVA
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機825円00銭
ヒートポンプ式ロードヒーティング880円00銭
その他ロードヒーティング440円00銭
ヒートポンプ式暖房機+ヒートポンプ式ロードヒーティング1,210円00銭
ヒートポンプ式暖房機+その他ロードヒーティング935円00銭10kVA
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機+ヒートポンプ式ロードヒーティング825円00銭
ヒートポンプ式暖房機+その他暖房機+その他ロードヒーティング715円00銭

まとめ:まだ見直ししていない方は

山 形
山 形

北海道電力のプランを見直すだけでも電気代を安くする事は出来ますが、電力会社を変える事でもっと安くする事も可能です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

色々な電力会社を比較してみましょう。

【固定費削減】電力会社の選び方と失敗しない為の注意点とは?
個別相談の中で「電力会社を選ぶ際に選び方が分かりません」「選ぶ際に何か注意点はありますか?」と言う内容が最近増えてきたように思います。この記事では「自分に合った電力会社の選び方」と「失敗しない為にチェックするべき注意点」をお伝えしていきます。

コメント