自動車保険の見直し術と車との付き合い方

節約

車との付き合い方は人それぞれ様々です。

「車が趣味」の方や「単なる移動手段」と言う方も、中には「車が無いと仕事にならない」なんて方もいます。

山 形
山 形

車は持っているだけでコストがかかりますが何がいくらぐらいかかっているか、ちゃんと把握していますか?

ゆっちゃん
ゆっちゃん

え~と、ガソリン代に駐車場代に税金に・・・。

車にかかる費用

1.自動車税
2.重量税
3.自賠責保険

4.車検代
5.メンテナンス費用

6.ガソリン代

7.任意保険

8.駐車場代

その方の環境や車種によって差はありますが一般的には年間のコストが下記の様になります。

車の年間コスト

・軽自動車(Nboxなど)・・・約35万円/年
・コンパクトカー(ヴィッツなど)・・・約43万円/年
・ミニバン(セレナなど)・・・約50万円/年

毎月、毎年、2年に一回など費用がかかるスパンは項目によって様々ですが、比較しやすいように1年ごとにかかる金額にしてあります。

更にこれにプラスして車の購入費用がかかります。

なぜこんな話をするのかと言うと保険を見直す前に、「その車本当に要る?」って所も考えていただく為です。

「車の使用目的」「使う頻度」「住んでいる場所」大体の方はこの3項目を考えれば車の必要性が見えてきます。

昔と違って今は色々と便利な仕組みもあるので、今とは違う選択肢があるかもしれません。

カーシェアと言う選択肢

その便利な仕組みと言うのが「カーシェア」です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

レンタカーと何が違うんでしょうか?

基本的には短い時間でちょこちょこと使う場合はカーシェアの方が料金的に断然お得です。

山 形
山 形

あとはレンタカーよりも手続きがかなり楽なので気軽に使える点がメリットですね。

カーシェアの仕組み

カーシェアとは必要な時に必要なだけ車を使う事ができるサービスで、近所の時間決め駐車場などで「カーシェアリング」と書いてある看板を見た事がありませんか?

あれが「ステーション」と言われるものです。

事前に会員登録をし会員カードをゲット、PCやスマホで事前予約をして、車の解錠は会員カードで、利用し終わったら元のステーションに車を戻して会員カードで施錠、まとめて1ヶ月分の料金をクレジットカードで支払いと言う流れです。

完全に非対面で利用できちゃうんです。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

じゃ旅行先でもステーションさえあれば使えるんですね。

ガソリン代もメンテナンス費用も一切かからずに利用料金のみで車を使う事ができます。

料金も10分や15分単位なのでちょっとした買い物や送り迎えでもパッと使える気軽さです。

オススメなカーシェアとは?

実際にカーシェアを使おうと思った時にどこのサービスが良いのか気になりますよね。

ここでは大手2社の特徴を比較してお伝えしていきますので、ご自身の住んでいるエリアや使い方に合わせて選んでいただければと思います。

タイムズカーシェア

まず最初に黄色い看板が目印の業界最大手、タイムズカーシェアをご紹介しなくてはいけません。

山 形
山 形

タイムズカーシェアの一番の特徴は圧倒的なステーション数で1万か所以上あり約24,000台のクルマを15分単位で利用できます。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

全国47都道府県にステーションがあるカーシェアはタイムズだけなんですね。

おためしキャンペーン

2019年10月31日までお得なキャンペーンを実施中!
・月額基本料金2か月間無料(個人・家族プランが対象)
・カード発行手数料無料

初期費用としてカード発行に1650円(今はおためしキャンペーンで無料)、月額基本料金が880円(学生は4年間無料)、利用料金がベーシックプランで220円/15分となっています。

月額基本料金までは利用料金がかからないので1時間までは月額基本料金の範囲で使えるという事ですね。

レンタカーと違って返却時にガソリンを入れて返却する必要もないのでメチャメチャ楽チンですし、もし時間があればガソリンを20L以上給油してあげる事で「給油割引15分無料」が自動的に適用になります。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

給油を自動検知ってすごいですね。

山 形
山 形

使える車種はステーションによっても違いますが結構多くて、目的や乗車人数に合わせて選択可能です。

ベーシッククラス(220円/15分)

ソリオ、ノート、デミオ、アクア、フィット、スイフト、ウェイク、ハスラー、ヴィッツ、N-BOX、NV200バネット、トコット、ADバン、COMS

ベーシッククラス(330円/15分)

シエンタ、カローラフィールダー、フリード、プレマシー、インプレッサ、C-HR、スバル XV、CX-5、NV350キャラバン、リーフ

プレミアムクラス(440円/15分)

セレナ、ノア、MINI One CROSSOVER、ヴォクシー、Audi A1

遠出する時など長い時間利用する場合はお得なパック料金もあり、その場合はプレミアムクラスの車種でも料金が変わらないのでアウディや8人乗りのミニバンも自由に選べます。

カーシェアを利用するならまず最初にタイムズを検討してみれば間違いありませんね。

カレコ・カーシェアリングクラブ

続いてカレコ・カーシェアリングクラブは東京と大阪を中心に11都府県でワンランク上の車種を安く利用できるカーシェアとして急速に伸びています。

山 形
山 形

1600ステーション程と利用できるエリアは限られていますが、ベンツなどの外車やレクサス、アルファードなどの高級車も安く利用できるのが魅力です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

専用のカードを発行しなくてもケータイやSuicaなどを使って利用できるので初期費用も掛からないですね。

月額基本料金が980円(学生は4年間無料)、利用料金が最短30分から平日プランでベーシックプランは90円/10分となっています。

月額基本料金までは利用料金がかからないのはカレコも同じですが、とにかく利用料金が激安ですね。

各プランごとの車種はコチラです。

ベーシック(140円/10分)

C-HR、ヴェゼル、シエンタ、フリード、スイフト、ヴィッツ、タンク、ノート、N-BOX、フィット、スマートフォーフォーパッション、スマートフォーフォーターボ、スマートフォーフォーブラバスS、スマートブラバスカブリオXc、iMiev

ミドル(160円/10分)

ジムニー、ハリアー、エクストレイル、フォレスター、スバル XV、CX-5、エスクァイア、ヴォクシー、ステップワゴン、プリウス、アクセラ

プレミアム(270円/10分)

ボルボ、アルファロメオ、ジープコンパスロンジチュード、ベンツC200AVAワゴン、ベンツC180AVAワゴン、ベンツC180クーペスポーツ、ベンツC220dAVAワゴン、ベンツC200AVAセダン、ロードスター、ハイラックス、ランドクルーザープラド、アルファード、ヴェルファイア、ホンダS660

プレミアムプラス(500円/10分)

ボルボXC90、ジャガーXE-S、ジャガーXFランドローバーイヴォークCV

キャンピングカー

トヨタ キャンピングカー

パック料金もあるので予約時間に合わせて10分単位の料金とパック料金から、常に最も安い組み合わせを自動で適用してくれるのも安心なサービスですね。

カーシェアの注意点

カーシェアはとても良いサービスなんですが注意しなくてはいけない点もあります。

それが事故があった時の対応です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

事故の時の保険も込みの料金じゃないんですか?

事故の時の保険はちゃんとかかっていますし、レンタカーでありがちな免責などの自己負担金もカーシェアは0円となっているので安心です。

保険の内容

・対人賠償・・・無制限

(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)
・対物賠償・・・無制限

(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)
・車両保険・・・時価額

(タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償)

・人身傷害・・・タイムズ:無制限 カレコ:6000万円

(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)

山 形
山 形

ただ注意しなくてはいけないのがNOC(ノンオペレーションチャージ)がかかる事があります。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは
タイムズカーシェア車両が、以下の事由に起因してサービスを停止した場合、営業補償の一部として下記の補償金額を申し受けます。
1. 会員様のご利用中に発生した事故や、会員様の過失等により、車両に損害(汚損等含む)を与えた場合
2. 会員様のご利用方法に起因して、車両(車内・外を問わない)の損害又は忘れ物の有無等を確認した場合
3. その他、会員様のご利用方法に起因して、車両のサービスを停止する必要が生じた場合
タイムズカーシェア(NOC(ノンオペレーションチャージ)ならびにペナルティ料金について)より

仮に事故があった時に車の修理費は保険で賄えたとしても修理している間はその車を貸し出す事ができない為、その分の休業損害としてお店に弁償すると言うのがNOCなんです。

工場まで自走可能な場合は2万円、自走できずレッカー搬送が必要な場合は5万円と言う設定が一般的です。

山 形
山 形

自分に一切過失がないケース、例えば追突された事故などでもNOCはかかるので覚えておきましょう。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

自分は悪くないのにお金がかかるなんて・・・。

事故以外にも忘れ物や汚損、紛失、混油、パンクなどでそれぞれ実費やNOCがかかる事があります。

有料ですがタイムズは「安心補償サービス」、カレコは「トラブルあんしんサポート」などに申し込んでおくと一部の実費やNOCが免除になります。

カーシェアを利用する場合は内容をよく確認しておきましょう。

自動車保険の見直し術

ここまでカーシェアについてお伝えしてきましたが、「やっぱり車が好き」とか「毎日通勤に使う」と言う方はやはり自家用車を持つ事になり自動車保険も自分で加入する事になります。

そこでどの様に自動車保険を見直せば節約する事ができるのかを見ていきましょう。

ネット型のメリットとデメリット

自動車保険を節約するにはやはりネット型の保険に切り替えるのが常套手段です。

ネット型に切り替えるだけで年間数万円も保険料が節約できる事も珍しくありませんが、ネット型は不安だというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

代理店型の自動車保険と比べてどの様なメリットやデメリットがあるのかを考えてみましょう。

メリット

まずネット型の一番のメリットは保険料の安さです。

代理店を通さない分、人件費や代理店に払う手数料が不要になり保険料を安くできるんです。

デメリット

次にデメリットですが多くの方が誤解しているのが「代理店がいないと事故の対応が不安」と言う点です。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

事故の時こそ頼れる代理店なんじゃないの?

山 形
山 形

実は事故の対応を代理店はする事ができません。

相手との交渉は保険会社の事故担当者しかできないルールになっていて、代理店ができるのは契約者と保険会社の橋渡しだけなんです。

代理店は事故状況などを契約者からヒアリングして保険会社に伝えるだけなので、ネット型の場合はそれが契約者と保険会社で直接になるだけです。

本当のデメリットはそこではなく契約時の補償内容を決める時なんです。

保険の商品内容を正しく理解して「この特約を付けておけばこんな時に役立つよ」と言う様にアドバイスするのが代理店の本来の仕事です。

山 形
山 形

ですからもし自分で補償内容を決める事ができるのであれば代理店を通して加入する必要性があまりなくなってくるんですね。

押さえておくべきポイントとは?

補償内容を決める時に抑えておくべきポイントがいくつかあるので、それを踏まえて自分で自動車保険の見積もりをしてみましょう。

自動車保険のポイント

1.対人・対物賠償は無制限
2.人身傷害は家族の為に5000万以上に
3.事故あり等級で少額の車両保険は使いにくくなった

4.通勤などで使う方は代車費用も必要
5.もらい事故の為の弁護士費用

6.一家に一つの個人賠償特約

1.対人や対物の賠償に関しては無制限の一択です。

2.人身傷害は3000万円の設定にする事もできますが身内を乗せている場合は金額が足りなくなる事があります。

他人を乗せていた場合は人身傷害で金額が足りなければ対人賠償で補う事ができますが、身内は賠償にあたらず人身傷害しか使えません。もしもの時の為に5000万円をオススメします。

3.現在は事故で保険を使うと事故あり係数が付いて3年間は割高な保険料を払わなければいけなくなります。

修理費が5~10万ぐらいで済む様なコツンとぶつける自損事故の場合は、その後の保険料の値上がりを考えると保険を使わず自腹で直した方が良いケースが多いです。

大きな自損事故を起こす可能性が低ければ車両保険は付けないか、付けても車対車のタイプの方が保険料が安く節約できます。

4.通勤や業務などで車を使っている方(車が無いと困る方)は事故で修理している間の代車費用が保険から出る様にしておいた方が良いです。

修理工場やディーラーがサービス代車を出してくれると期待している方もいますが、車検や新車購入の時と違ってサービス代車は期待できないと思っておいた方が良いでしょう。

5.追突された場合など自分に過失がない場合は自分の保険会社は相手と交渉できないので、自分で相手と話をしなくてはいけません。

相手がすんなり賠償してくれればいいですが「修理金額を低く提示された」とか「治療を途中で打ち切られた」なんて事もあるので、そんな時に弁護士を雇う費用が保険から出るのが弁護士費用です。

6.個人賠償特約は自動車事故以外で人に怪我をさせた時や人の物を壊した時に同居の家族みんなが使える賠償の保険です。

「飼っている犬が他人を噛んだ」「下の階に水漏れ事故を起こしてしまった」「自宅の屋根から落雪で隣家の壁を壊した」「子供が自転車で人をはねてしまった」など色んなケースで使えるので一家に一つは必ず契約しましょう。(他の保険についている場合は必要ないです。)

自動車保険の裏話

最後に自動車保険の裏話を一つ。

保険会社は毎年の様に保険料率の改定や商品内容の改定をしています。

更に保険会社ごとに等級によっての割引率も違うので、例えば10等級はA社が安かったが翌年11等級になると同じ内容でもB社の方が安いなんて事もあるんです。

山 形
山 形

つまり毎年どの保険会社が安いのかちゃんと比較しなくてはいけないという事なんです。

ゆっちゃん
ゆっちゃん

等級制度は各社共通なので保険会社が変わっても等級はちゃんと引き継げますね。

「初年度はネット割引〇万円」と言う謳い文句はよく聞くと思いますが、2年目の更新には割引がない場合もあるので、他の保険会社に切り替えた方が節約になるケースが多いと思います。

私がいつも使っているのは株式会社ウェブクルーエージェンシーの「保険スクエアbang!」と言う一括見積りの無料サービスです。

「保険スクエアbang!」で自動車保険を比較

まとめ:車との付き合い方を考えよう

車に対する思いは人それぞれです。

ですが一度、車の使い方を見直して車にかかる費用を節約できれば、その後もその効果はずっと続いていきます。

自動車保険を見直す時や比較する時はちゃんと同じ内容にして比較しないとダメですよ。

仮に月1万円節約できれば、年間で12万円、それが10年続けば120万円です。

資産運用で10年で120万円の利益を上げるには大きな原資が必要になりますが、節約の場合はスグにできますからね。

この違いを作れるかどうかは単純な話で「行動するか、しないか」です。

コメント